競馬雑談

アメリカ競馬映画セクレタリアト観てみた

 

あらすじ

セクレタリアト/奇跡のサラブレット

1969年、アメリカ・バージニア州の生産牧場が舞台。

競馬知識のない専業主婦ペニーが母親の死により赤字経営の牧場を引き継ぐことに。

当時、男性社会だった競馬界で逆風を受け色々と苦労しながらも、調教師ルシアンと出会いある日生まれてきた仔馬セクレタリアトを育て上げる。

血統的に距離不安がささやかれつつも、セクレタリアトは次々とレースに勝利し、25年ぶりの三冠馬となるべく米三冠レースに挑む、奇跡の実話である。

良かったところ 気になったところ

良かったところ

  • ディズニー映画だけあってテンポが良く、飽きずに見続けられる
  • 難しい競馬用語が出てこないので競馬を知らない人でも楽しめると思う
  • ペニーの周りから批判されても夢を追い続ける姿に心を打たれる
  • ラストのレースシーンは異次元の31馬身差の勝利、思わず涙が出てしまう

気になったところ

  • 競馬映画なのでもう少しレースシーンを派手にしてもよかった
  • ディズニー映画なのでラブシーンはなし
  • ちょっとライバル馬のシャムが可哀そう

セクレタリアトのすごさ

  1. 先行有利のダート戦で、最後方から追い込んでこれる爆発的な豪脚がある
  2. 心臓の大きさが普通のサラブレッドの2倍以上も大きく、とんでもないエンジンををもっている
  3. 生涯で7回もレコード勝ちしている
  4. 特にダートの2400m(G1ベルモントステークス)では30年以上たった今でもその記録は破られていない

映画を見終えて

競馬の映画をみるのは初めてで正直そんなに期待していなかったのですが、思ってたよりもおもしろくて、まったく飽きずに最後まで見ることができました。

話としてはおもしろおかしいというよりも(アメリカン映画なので多少のコメディ要素はありますが)希望と夢を追いかけた感動の実話なので最後のシーンは涙なしでは見れません。

他の人のレビューも高く星★★★★ぐらいはあったので作品としての評価もかなり高いようです。

競馬好きの人はもちろん、競馬のことを全然知らない人でも楽しめる映画ですのでぜひ気になった方は「セクレタリアト」を見てみてはいかがでしょうか。

ちなみに他の競馬映画は

シービスケット

夢駆ける馬ドリーマー

雪に願うこと

ハルウララ

など、いろいろ他にもあるようなので近いうちにこれらを鑑賞してまた映画を見た感想などをブログに書いていこうと思います。




ABOUT ME
ポテサラ
ポテサラ
千葉県中山競馬場の近く出身。ディープインパクトの勝った皐月賞を見に行ったのがきっかけで、競馬にはまる。予想スタイルはパソコンを使った異常投票馬の分析。オッズ分析は当日の9時以降でないとできないため、午前中のレースは買わず、分析に時間を使う。荒れそうなレースしか買わないので、ハンデ戦が大好き。堅く決まりそうなレースは買いません。 デットーリ騎手が来日した際は、東京、阪神と現地にかけつけるほどの競馬好きです。予想以外のことも随時発信していきます。